浮気の慰謝料Q&A



【主人が浮気をした!!】

 主人が浮気をしました。浮気相手の女性に慰謝料を請求することはできるのでしょうか?



 浮気相手が夫婦の一方の配偶者(今回のケースではご主人)と肉体関係を持った場合、その浮気相手は、故意または過失(例えば、相手に配偶者がいることを知っていることなど)がある限り、その配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つにいたらせたどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者(今回のケースでは奥様)の権利を侵害し、その行為は違法性を帯、他方の配偶者(今回のケースでは奥様)のこうむった精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるとするのが裁判所の考え方ですから奥様は浮気相手に対し、奥様の被った精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。



 浮気相手にどれくらい慰謝料を請求できるのでしょうか?



 よく慰謝料の相場はだいたい300万円くらいだと言われていますが、慰謝料金額はケースバイケースですから一概には算定できません。例をあげますと、ご主人の浮気が原因で結婚が破綻になった場合とご主人が土下座して謝ってもとの鞘に納まった場合とでは奥様の受けた精神的苦痛の大きさはちがいますし、たとえばご主人が度々浮気をする癖があり、今回の浮気にいたった原因もご主人の積極的なアプローチによるものであったりした場合には、浮気相手の責任は副次的なものとして慰謝料が低額なったりすることもあります。また、浮気が長期間継続していたような場合でしたら奥様の受けた精神上の苦痛も期間継続していたものと考えられますから慰謝料が高額になったりすることもあります。



 慰謝料請求の方法はどのようにしたらよいのでしょうか?



 まずは、その浮気相手と話し合いの場がもてるようでしたら直接会って話し合いのうえ、慰謝料の金額や支払方法を定めることになるでしょう。話し合いが成立するようでしたら、その話し合いの内容や合意事項を書面にして、両者署名押印のうえ後日の証拠として保有するようにしておいてください。(「慰謝料支払いの合意書」当社でも販売しております。)話し合いなんて浮気相手がするわけ無いって思いがちですが、浮気相手にも多少の罪悪感があったりしますので以外とスムーズに話し合いで解決した事例も少なくありません。相手が話し合いに応じない場合や、相手の顔も見たくないということでしたら、内容証明郵便で慰謝料を請求するとともに、法律の専門家に相談することを視野に入れておいてください。



 相手を訴える場合どのような証拠が必要になりますか?




 この場合もご主人とやり直したのか離婚してしまったかによって違います。あまり例はありませんがご主人が協力してくれるのでしたら証拠は山のようにあるのでないかと思われます。ご主人と離婚してしまった場合には普通浮気をしている者は浮気の事実を否認するものですから、裁判で浮気があったと認められるためには、ある程度明確な証拠が必要になります。具体的には、二人でラブホテルに宿泊したことがわかる証拠、肉体関係があることが読み取れる手紙やメール、今は携帯電話で気軽に写真が撮れますから写メールもチェックしておきたいですね。それから二人で旅行したことを証明できる証拠などです。



 探偵に依頼した場合の費用は慰謝料に含まれますか?



 浮気をしている証拠を見つけるのはなかなか難しいものですから、探偵などの調査機関に浮気調査を依頼される方が最近増えておりますが、探偵費用は決して安いものではありませんね。慰謝料は精神上の苦痛に対して支払われるものですから調査料金を慰謝料に含ませることは難しいでしょう。