業務委託契約書

◯◯◯◯(以下「甲」という。)と、株式会社◯◯◯◯(以下「乙」という。)は、下記の契約を締結した。

(目的)
第 1 条 甲は、甲の主催する{◯◯◯◯◯キャンペーン}の契約締結者に対しての商品プレゼント発送業務を乙に委託し、乙は、これを引き受けることを約した。

2  乙は、甲の指示する商品を甲の指定する場所に発送、納品及びこれに附帯する業務を行う。

(納期)

第 2 条 各月甲の発行する発送明細書受取後、当月末日までに納品するものとする。

(納品先)

第 3 条 甲の発行する発送明細書記載のとおりとする。

(委託料)

第 4 条 委託料は、別途協定書に基づくものとする。

2  乙は契約者数確定後甲に対して見積書を提出するものとする。

(支払)

第 5 条 乙は各月末日締め切りにて、甲に請求書を提出し、翌月末日に甲は乙に現金にて支払うものとする。

(納品方法)

第 6 条 乙は、配送業務を◯◯◯◯株式会社に委託するものとする。

(有効期間)

第 7 条 この契約の有効期間は契約締結日より満2年とする。

(機密保護)

第 8 条 乙は甲における本契約の業務遂行に関連して知り得た業務上の甲の機密情報を第三者に漏洩しないものとする。また、本契約終了後においても第三者に漏洩しないものとする。

(損害賠償)

第 9 条 乙が本契約に違反したことにより、甲に損害が発生した場合は、甲は乙に対し損害賠償及び甲が必要と認める措置を請求できるものとする。

(再委託時の機密保護)

第 10 条 乙は、本契約の業務の一部または全部を第三者に委託する場合には、再委託先に対し、第8条と同等の機密保護義務を負わせるものとする。

(安全対策実施の確認)

第 11 条 甲は、甲、乙協議の上、乙の事業所において、本契約の業務の実施状況について必要な安全対策が実施されているか確認できるものとする。

(規定外事項)

第 12 条 この契約に定めていない事項については甲乙間互いに誠意をもって、その都度協議決定するほか、従来の取引実情および一般慣習に従うものとする。

この契約の証として、本書2通を作成し、甲乙各署名押印のうえ、各1通を保持する。


平 成   年   月   日  


     (甲)         

                      

     (乙)